ご利用規約

クラウドWEB予約システムの利用規約

ご利用の前に必ずお読みください。
クラウドWEB予約システムを、ご利用なされた場合、本規約に同意したことになります。

第1条 利用規約の適用

クリエイトシステム合同会社(以下「甲」とします)は、甲が提供するクラウドWEBシステム予約システムとシステム開発(以下「本サービス」といいます)を、本規約に従って利用者(以下「乙」といいます)へ提供します。

第2条 サービス提供

1.乙がサービスの利用を希望する場合は、利用の申込みフォーム・申込書・注文書にて行うものとします。
2.乙がサービスの申し込み後、以下に該当する場合、甲が承諾しない場合があります。
①申込みフォーム・申込書・注文書に事実に反する内容があった場合や甲が申込みの内容が不適切と判断した場合
②乙が、利用料金等の支払いを怠る場合があると甲が判断した場合
③乙にサービスを提供した場合に、甲の業務に著しい支障が生じる場合
3.申込みの内容に変更があった場合は、本サービスから乙が変更することとします。また、乙が甲に連絡することとします。

第3条 サポート対応時間

1.乙からのサポート依頼により、甲は、土日曜祝日以外、季節休暇以外、年末年始以外、休業日以外の甲の営業時間10:00から17:00内で、サポート対応をする。
2.乙からのサポートの受付は電子メール(ホームページのシステムのお問合せフォーム)とし、緊急の場合は電話での受付も可能とする。

第4条 利用料金

1.乙は甲に対して、無料サービスを除いて本サービスを利用するにあたり、ホームページに記載されている料金、また別途、定める料金を支払う必要があります。
2.本サービスの運用に必要な物品や価格変動により、本サービス料金が不相当と至った場合は、サービス料金の変更ができることとします。

第5条 禁止事項

本サービスは、以下の行為を禁止します。

1.著作権や財産権などの法的権利を侵害する行為
2.甲が認めた場合を除き、弊社や本サービスによって入手したいかなる情報も複製、販売、転載、出版その他私的利用の範囲を超えて使用をする行為
3.本サービスの基本機能の範囲を超えての利用や、本サービスへトラブルを誘発する使用やトラブルが発生する行為
4.その他、甲が不適切と考えるあらゆる行為

第6条 販売・再販の禁止

1.本サービスの利用を甲が認めた者以外が、本サービスの販売・再販を行うことを禁止します。

第7条 サービスの停止

甲は以下に該当する場合、本サービスを停止する場合があります。

1.本サービスの提供に必要なシステムやサーバー等の設備で、システム拡張、メンテナンス等を行うため
2.クラウド提供会社のサービスの不具合や、システム拡張、メンテナンス等を行うため停止した場合
3.第三者からの不正アクセスを受けた場合やコンピューターウイルスの感染等により、甲が、本サービスを停止する必要があると判断した場合
4.天災、地変等の非常事態が発生し、また、発生するおそれがある場合
5.本サービスの提供の中断や停止によって、乙及び第三者に損害が発生したとしても、甲は一切の責任を負わないこととします。

第8条 サービスの利用制限・停止

甲は以下に該当する場合、本サービスの利用制限や停止する場合があります。

1.乙が甲に対する利用料金の支払いを期日までに行わなかった場合
2.申込みフォーム・申込書・注文書に虚偽の記載があった場合
3.乙が第4条の禁止事項や第5条の販売や再販の禁止事項を行った場合
4.その他、乙が本利用規約に違反した場合

第9条 サービスの廃止と提供休止

1.天災、事故、不測の事態等で、甲による修復・復旧が困難と判断した場合、甲は本サービスの休止や廃止をすることができます。
2.本サービスで重大な脆弱性が発見され対処が必要な場合や、バグが発見され対処が必要な場合又は、重大な不具合が発見された場合、甲は本サービスの休止や廃止をすることができます。
3.甲は、クラウド提供会社のサービスの停止や機能の変更及び廃止によりサービスを継続できない場合、クラウド提供会社からの情報を把握した時点ですみやかに乙へ通知することによって、本サービスの一部または全部を、休止・廃止することができます。
4.本サービスの提供を休止や廃止する場合、サービスの提供休止の期間、廃止の通知を乙にEメールを基本に通知することとします。 ただし、緊急の場合その他やむを得ない場合はこの限りではありません。本サービスの休止・廃止により、乙が損害を受けた場合でも、甲は一切の責任を免除されます。
5.本サービスの停止・休止・廃止により、乙が損害を受けた場合でも、甲は一切の責任を免除されます。

第10条 アカウントの管理と設備等

1.本サービスで使用するアカウント(IDとパスワード)は、第三者への開示と貸し出しを禁止します。
2.本サービスで使用するアカウント(IDとパスワード)は、乙が一切の責任を持ち厳重に管理し甲は一切の責任を負わないこととします。
3.乙が使用するPCや通信機器、ソフトウェア、電気通信回線、インターネット接続サービスなどの不具合等によって、乙が本サービスを受けられない場合や問題が発生した場合など、甲は何らの責任も負わないものとします。

第11条 免責

1.甲は、天災その他非常事態、またはサイトの保守などに伴うサービスの停止や中断及び遅延が発生したことによって、乙が被害を被った損害について責任を追わないこととします。
2.甲は、本サービスの運用に基づいた措置によって、発生した乙の損害やサービスを利用したこと、及びサービスが利用できなかったことによって発生した損害において、本利用規約に特に定める場合を除き一切の責任を追わないものとし、賠償の義務もないこととします。
3.甲は、乙が本サービスを利用して得る情報やデータは完全性・正確性・有効性などについて、一切保証しないものとします。
4.甲は、本サービスの遅延・停止・変更・廃止によって、情報の登録やデータの喪失・流失等による、乙の損害や損失について、一切責任を負わないものとします。
5.乙は、本サービスを利用し第三者へ損害を与えた場合、乙が損害の費用を持ち責任をもって問題を解決し、甲へ損害を与えないこととします。
6.本サービスはクラウドサービス等を使用していますので、乙が、本サービスの利用により乙が取得した第三者の個人情報を盗取され、また漏洩したことにより第三者に損害を及ぼした場合、甲は一切の責任を負わないものとします。

第12条 バックアップ目的によるデータ保存

1.甲は、乙が本サービスを利用して得る情報やデータ等を、バックアップ等の目的で別のサーバー等に保存し、複製できるものとします。
2.甲は、乙が本サービスを利用して得る情報やデータ等を、別のサーバー等にバックアップや複製・保存を行う義務は一切負わないものとします。また、別のサーバー等にバックアップや複製を行わなかったこと等により、乙が被った損害や損失等について一切の責任は負わないものとします。
3.甲は、乙が本サービスを利用して得る情報やデータ等を、バックアップ等行った場合、バックアップ等や全てのデータの完全性・正確性・有効性を含めて、何らの保証もいたしかねます。

第13条 個人情報の取扱い

1.甲は、乙の個人情報を甲が運営するホームページで掲示する「プライバシーポリシー」の内容に基づき適切に取り扱います。

第14条 損害賠償

1.乙や乙に関係する者が、本規約に違反する行為によって甲に損害を与えた場合、乙が甲にその損害の賠償をしなければならないこととします。
2.本サービスの利用に関連し、乙が第三者に対して損害を与えた場合、第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟された場合、乙は、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、甲は一切の責任を負わないこととします。
3.甲及び乙は、自らの責めに帰すべき事由や、本契約に違反したことにより相手方が損害を受けた場合、当該相手方に対し、現実かつ直接に被った通常の損害についてのみ、賠償する責任を負う。なお、賠償額は、当該賠償責任にかかる原因事実が生じた日の属する月の直前の1ヶ月間に甲が乙から受領した本契約に基づく月額料金を上限とする。

第15条 契約の解除(乙が行う解約)

1.乙は、甲の所定の方法により、解約希望月の前月末日までに、甲に通知することにより、解約希望月の末日限りで、利用契約を解約することができます。
2.前項の解約がなされた場合、甲は、解約後速やかに本サービスの提供を停止します。また、甲は、甲の判断により、本サービスにおける、乙及び乙の顧客に関する情報を消去することができることとします。
3.解約により利用契約が終了した場合、乙は、利用契約終了の日までに発生する甲に対する債務の全額を、甲の指示に従い、一括して支払うこととします。
4.乙は、サービス期間が満了する前に乙が第1項の解約を行う場合、乙は、解約日から当該満了日までの残期間分の料金を、甲の指示に従い、一括して支払うこととします。

第16条 契約の解除(甲が行う解約)

1.①から⑦の項目に該当する場合、乙へ通知することなく直ちに契約を解除することができることとします。
①第4条、第5条、第7条に該当する場合
②差し押さえ、仮差し押さえ、仮処分、滞納処分、競売の申立て等を受けた場合
③破産、民事再生、会社整理、特別清算、会社更生等の申立てがあった場合
④解散もしくは事業が廃止になった場合
⑤公租公課の滞納処分を受けた場合
⑥本規約に違反した場合
⑦その他、本規約に違反した場合のほか、乙として不適切と甲が判断した場合
⑧甲が本サービスの提供が難しいと判断した場合など、甲は、乙に対し通知をした上で、サービスの一部または全部を解約し、終了させることができます。
⑨本条による解約がなされた場合、甲はサービスを解約後、速やかに本サービス提供を停止します。また甲は、甲の判断により、本サービスで保存していた乙及び乙の顧客に関するデータを消去することができることとします。
⑩乙は、解約日から期間満了日までの残期間分の料金と残存債務の全額を、甲の指示する方法で一括して支払うこととします。

第17条 契約終了時の措置

1.契約が終了した場合、乙が利用していたデータを一定期間保持し、甲の判断の時期に削除します。
2.契約終了後、乙からのデータ閲覧要請があった場合、一定期間の保存範囲内であれば応じます。
3.本サービスのオプションなどによってプログラム修正を行った場合でも、契約終了後、甲から乙へ本サービスのシステムやプログラム及び、データなどを渡すことはありません。そのことについて、乙は一切異議を行わないものとします。
4.契約終了後、乙が利用していたシステムプログラムの削除やデータの削除に対し一切異議を行わないものとし、システムプログラムの削除やデータ削除に関した損害や損失について甲は一切の責任を負わないこととします。

第18条 紛争の解決

1.本規約に基づく契約の紛争や、取り決められていない項目については、甲と乙は誠意をもって協議し紛争の解決を行うこととします。
2.本規約に関する訴訟につては、前橋地方裁判所高崎支部を専属的合意管轄裁判所とします。

また、この規約は、事前に乙に通知することなく内容を変更することがありますので予めご了承ください。

2017年5月1日制定
2017年7月30日改定
2017年12月10日改定
2019年12月24日改定